芸術と文化の秋

篠田さん
日光殿堂案内
協同組合・篠田さん
二社一寺には『案内の達人』が何人かいる。
“篠田 文夫”さんもそのうちの一人。
篠田さんに隠れたポイントをいくつか教えていただきました。
伺ってみれば、なるほど!と感慨もひとしお。
こんな見方、あんな見方、いろんな見方で日光山内を歩いてみてはいかがですか!
ズームアップ1

東照宮三彫刻のひとつ『想像の象』

東照宮内の上神庫の妻(側面)には「想像の象」と呼ばれる象のような動物の彫刻がある。
その象をよーく見ると「耳が裏返し」に彫られている。
これは狩野探幽が象の話を聞いて、想像で彫刻の下絵を描いたためにこのような裏返しの耳になりこの名がついてしまったというのが真相。
(現在修復工事中!)
本来裏側についているはずの耳の穴が
表側についてしまっている!→ 
「想像の象」写真
ズームアップ2

三猿で有名な神厩舎の『八態の猿』

東照宮三彫刻のひとつ、有名な三猿が彫られている神厩舎の『八態の猿』。
この神厩舎は神様に仕える神馬をつないでおく厩舎である。この長押には馬の守り神とされる猿の彫刻が8態ある。
この8態は人間の成長段階を左から右へと物語が進む彫刻絵本の形で表わしている。

1.母猿と小猿

2.有名な三猿

3.猿が孤独に座っている図

写真1.母猿と小猿 写真2.有名な三猿 写真3.猿が孤独に座っている図
「母猿が左手をかざして遠くを見ている図」。「この子の前途、将来はどうなんだろう?」と誕生した子猿の将来を案じている。 東照宮三彫刻のひとつ。子供の頃は悪いことを見ないように、言わないように、聞かないようにという意味が込められている。 親離れをした猿。独立しひとりで生きていく思いを強くしている。孤独になっても挫けずに頑張るぞ(頑張れよ)という意味がある。

4.天を仰ぐ猿の図

5.下を向いて落ち込む猿の図

6.恋愛中の猿の図

写真4.天を仰ぐ猿の図 写真5.下を向いて落ち込む猿の図 写真6.恋愛中の猿の図
望み、夢を大きくもって将来に向かって進んでいこうとしている。 人生には失敗が付き物と友達が励ましている。 お互いに距離を置きながら気を遣い愛情をふかめていくというような意味。

7.夫婦になった猿の図

8.妊娠している猿の図

MEMO・「東照宮三彫刻」とは、ここで紹介した「想像の象」と「三猿」のほか、「眠り猫」がある。こちらは、東回廊で見ることができる。小さいので見逃さずに!
写真7.夫婦になった猿の図 写真8.妊娠している猿の図
結婚して人生の荒波に漕ぎ出していく、そしてその荒波に負けないようにという意味。 最後はお腹の中に大きな宝である子供が入っている。
ズームアップ3

陽明門の裏側・東側・西側

日光の建築物を代表する絢爛豪華な楼門で彫刻群の数は500を越える。
1日中見ていても飽きないことから日暮門とも呼ばれている。
この門の裏側・東側・西側を見逃して素通りする人がほとんど。
陽明門写真
→ 陽明門を正面から見たところ。 
遠くから眺めれば重厚、荘厳! 
近くから見上げれば圧倒的な迫力! 
この門の前では誰もが一度は 
立ち止まる。 
 
陽明門写真

1.魔除けの逆柱

屋根を支える12本の柱。
グリ紋という渦巻き状の地紋が刻まれているが、裏側に立つ柱の1本はこの渦巻きが逆さに彫られ「魔除けの逆柱」といわれている。
魔除けの逆柱写真
→ 左側が通常の支柱。 
右側が魔除けの逆柱。 
模様が逆さまになって  
いるのがわかる。 
柱の模様写真1 柱の模様写真2

2.「大人の遊び」の彫刻

下層部の桝組という部分には中国の故事・逸話に基づく大人の遊びの彫刻が施されている。
全部で22体の人物。孟子、孔子、聖人、賢人、仙人などが琴を弾いたり、碁を打ったり、書を書いていたり、絵を鑑賞していたり。
「大人の遊び」の彫刻写真1 「大人の遊び」の彫刻写真2 「大人の遊び」の彫刻写真3 「大人の遊び」の彫刻写真4
↑ いろいろな「大人の遊び」を楽しむ姿が鑑賞できる。すみからすみまで見てみよう。

3.自然界を彩る彫刻

自然界を彩る彫刻写真  陽明門から伸びる回廊にも樹木や鳥類の彫刻が
 びっしりと刻まれている。
 
 

 
観光ガイドで山内通に
 
日光山内の歴史や各所の見所、隠されたポイントなど詳しく知るには、篠田さんの
ような専門のガイドに案内していただくのが一番。
勝道上人像近くの日光殿堂案内協同組合は、明暦元年(1655年)から案内を行っている。
詳しくはこちらをクリックしてみてください。
ガイド篠田さんより「お越しをお待ちしています」