日光の秘すれば花−季節と風景を鮮やかに彩る日光の花々

ハンカチノキ(中国名 コントン)写真

ハンカチノキ(中国名 コントン)

花の見頃5月中旬〜5月下旬
おすすめの見所日光植物園の正門を入って右奥
ハンカチノキは中国の中部、西南部の高冷地のみに自生し、中国の中でも「珍稀瀕危植物」のひとつで植物界のパンダともいわれている。
ハンカチをつるしたような奇妙な花を咲かせるハンカチノキはこの時期の一番人気。
詳細はこちらへ
アズマシャクナゲ(東石楠花)写真

アズマシャクナゲ(東石楠花)

花の見頃5月上旬〜6月中旬
おすすめの見所日光植物園、中禅寺湖・湯ノ湖畔
花色は桃色から白へと変化し、その透明感ある佇まいと葉の力強い緑とのコントラストがとても美しい。
日光植物園では4月下旬から5月上旬、中禅寺湖・湯ノ湖畔では5月下旬から6月中旬が見頃。
トウゴクミツバツツジ(東国三つ葉つつじ)写真

トウゴクミツバツツジ(東国三つ葉つつじ)

花の見頃5月下旬〜6月上旬
おすすめの見所竜頭の滝、中禅寺湖畔
竜頭の滝の群落が一番有名。
中禅寺湖畔でも随所に見られこの花が咲く頃は新緑の最も美しい季節でもある。
つつじの写真をもっと見たい方はこちらへ
ズミ(染み)写真

ズミ(染み)

花の見頃6月上旬〜中旬
おすすめの見所戦場が原光徳入り口付近、光徳沼
初夏の光徳沼は白いズミの花に包まれる。
特に沼の東側には大木が密生し、満開の頃は新緑の林の中が真っ白に染まる。
クリンソウ(九輪草)写真

クリンソウ(九輪草)

花の見頃6月上旬〜下旬
おすすめの見所千手ガ原
6月に入ると中禅寺湖畔の千手ヶ浜(せんじゅがはま)ではクリンソウの大群落を見る人で賑わう。
紅から白のグラデーションがあたり一面の水辺を埋め尽くす様は見事。6月末まで観賞できる。
サクラソウ科。花茎は高さ 30 センチ以上に伸び,花は車輪状に数段の輪を作って咲くことから、その様を五重塔などの先端部分(九輪)に例えて名付けられた。

* 千手ヶ浜までは低公害ハイブリッドバスと土・日運行の遊覧船が便利!
ワタスゲ(綿菅)写真

ワタスゲ(綿菅)

花の見頃6月中旬〜6月下旬
おすすめの見所戦場が原の湿原/南西部
綿帽子のようなワタスゲの果穂は若緑に輝く初夏の湿原を一面、白く彩る。
中でも霧が立ち込めた日の早朝は果穂が逆光に輝きあたかも幻想の世界に佇んでいるようだ。
ニッコウキスゲ(日光黄菅)写真

ニッコウキスゲ(日光黄菅)

花の見頃6月中旬〜7月中旬
おすすめの見所日光宇都宮道路沿い、霧降高原キスゲ平
日光の霧降高原に多くの人が訪れこの花を楽しむ有名な花。
リフト乗り場付近から小丸山まで、約1ヶ月かかって順に咲いていく。
花の命は短くて開花はたった1日である。
詳細はこちらへ