日光の滝−夏を楽しむ、日光で滝涼み

水が恋しいこの季節。。。日光で“滝涼み”はいかがですか?
日光は四十八滝と言われるほど、滝が多いところです。
何と言っても代表的なのは「日本の三大名瀑」である「華厳の滝」ですが、
日光には、それ以外にも素晴らしい滝がたくさんあります!
ここではお勧めの滝をご紹介致します。 是非、滝涼みを楽しんで下さい!

華厳の滝

写真:華厳の滝
日光の滝と言えば一番に名前が挙がるだろうと思われるのが「華厳の滝」。
97メートルの高さを一気に落下する様は豪快そのものですが、切り立った大地に沿って流れる水の華麗な造形美も存分に楽しむことができます。
和歌山県の「那智の滝」、茨城県の「袋田の滝」と共に「日本の三大名瀑」とも呼ばれています。
晴れた日には滝壺に虹がかかり、幻想的な雰囲気を楽しむことができるかも。。。
滝壺の前まではエレベーターで下りることができます。
夏だけではなく、紅葉時期の色鮮やかな景観や冬期の巨大な氷柱も見事です。
 

霧降の滝

写真:霧降の滝
古くから華厳の滝、裏見の滝とともに日光三名瀑の一つに数えられています。
霧降川にかかる滝は上下2段になっていて、上段が25メートル、下段が26メートル、高さは75メートルあります。
また、落差は約75メートル、幅は約15メートルあり、その堂々とした姿は必見です。
まるで霧を降らせるかのように下段の滝の水が岩に当たり、飛び散って流れ落ちる様子から、その名がついたと言われています。
この霧のようなしぶきに濡れた木々の緑が素晴らしい光を放ち、自然美の素晴らしさに思わず息を飲みます。
滝の正面には観瀑台があり、そこから全容を眺められます。
 

裏見の滝

写真:裏見の滝
大谷川の支流、荒沢川上流にあり、幅2メートル、高さ45メートル。
やや小さいながらも、勢いよく流れ落ちる滝の景観美から日光三名瀑の一つに数えられています。
新緑の木々に囲まれたその美しさはたとえようもないですが、夏の涼しさと紅葉の時期の美しさにもまた格別のものがあります。
元禄2(1689)年に奥の細道行脚で日光を訪れた松尾芭蕉は、
 『暫くは滝に籠るや夏の初』 と句を詠みました。
また、滝の裏側にまわって流れを見ることができ、「裏見の滝」の名もそこからついたとされています。
『二十余丁山を登って滝あり。岩洞の頂より飛流して百尺千岩の碧たんに落ちたり。岩窟に身をひそめ入りて、滝の裏より見れば、うらみの滝と申し伝え侍るなり。』(奥の細道)
運よく足場が良ければ滝の裏側に入れるかも。
 

湯滝

写真:湯滝
男体山の噴火により湯川がせきとめられてできた湯の湖。
その湯ノ湖の南端に位置し、三岳(みつだけ)溶岩流の岩壁を流れ落ちる湖水が湯滝です。
高さ70メートル。幅は最大で25メートル。
滝壷に下りることができ、その近くに観瀑台があって、迫力ある姿を眺めることができます。
戦場ガ原から北上するハイキングコースの途中にあり、周囲の美しく珍しい自然と共に楽しむことができます。
バス停、湯滝入口から近いです。
 

竜頭の滝

写真:竜頭の滝
湯ノ湖から流れ出た湯川が中禅寺湖に注ぐ手前にある滝。
男体山噴火による溶岩の上を210メートルに渡って流れ落ちています。
急斜面を2股に分かれて落ちる水流が竜の姿に似ていることから、この名前が付いたとも言われています。
こちらは、奥日光三名瀑の一つに数えられています。
滝壺前には茶屋があり、そこからの眺めは絶景です。
周辺は野鳥の姿が多く見られたり、四季折々の花々や木々の緑が目を楽しませてくれます。
春のツツジ、秋の紅葉の時期はとりわけ美しく彩られます。
 

白糸の滝

写真:白糸の滝
天狗沢にかかる白糸の滝。
滝尾山入り口にある隠れた名爆。
この白糸の滝から、二荒山神社本社の西、約1キロの山中に鎮座する滝尾神社へ向かう坂道を上っていくと、「運だめしの鳥居」があります。
この鳥居の真ん中の穴に小石を3回投げて、全て通ると願い事が叶うと言われています。
(これが簡単なようで結構難しい! 鳥居をくぐり、階段の上のほうから投げると入りやすいようです。)
 

丁字の滝

写真:丁字の滝
霧降の滝の駐車場から「霧降隠れ三滝」と呼ばれる3つの滝を巡ることができる。
まずその一つ目として現れるのが、丁字の滝。
上から流れ落ちる水が直角に曲がり、更にその先でまた直角に曲がって落ちていく様からついた名称。
 

玉簾の滝

写真:玉簾の滝
霧降隠れ三滝の一つ、玉簾(たますだれ)の滝。
丁字の滝から徒歩で10〜15分程度進むと現れる。
横幅が20メートルほど有り、簾のように水の流れが幾重にも広がって穏やかに下流へと進んでいく。
岩を滑る水の様々な表情がとても美しい滝。
 

マックラ滝

写真:マックラ滝
霧降隠れ三滝、最後の一つ、マックラ滝。
三滝の中では一番水量が多く、滝しぶきは豪快。
昔は昼でも暗い場所であったため、その名がついたと言われている。
▲ PageTop