日光の歴史ある名所に足を踏み入れてみよう−目的別!観光ガイド

輪王寺 RIN-NOJI Temple

輪王寺写真

輪王寺

輪王寺は奈良時代、今から約1200年前に勝道上人が日光山を開山し、中禅寺の地に神宮寺が建立されたのを祖とする。草創のときは四本竜寺といい、江戸時代に家康の信任厚い天海大僧正がこの地に移し、後水尾天皇が輪王寺の号を与えた。
本堂である三仏堂を中心に、15の寺院からなる。本尊は阿弥陀如来、千手観音、馬頭観音の三体で、金色の三尊はいずれも高さは7.5m、燦然と威容を誇っている。
三仏堂の向かいにある宝物殿には、奈良時代から現代までの国宝、重要文化財を6000点収蔵、展示されている。
堂内では年中行事として、強飯式や延年の舞などが、一山の住職によって奉納され、古来の儀式を今に残している。
また、宝物殿の西隣には庭園「逍遥園」もあり、四季折々の美しさを楽しむことができる。
日光が誇る世界遺産の1つである。

 

 
拝観料/大人 900円、小中学生 400円 ※三仏堂内一巡・大猷院仁王門より拝殿、皇嘉門まで
宝物殿: 大人 300円、小中学生 100円
二社一寺共通券(東照宮、輪王寺、二荒山神社): 大人 1,000円、高校生 600円、小中学生 400円
拝観時間/8:00〜16:30(11〜3月は 8:00 〜 15:30)
休館日/年中無休
電話/0288-54-0531
Web/日光山 輪王寺 公式ホームページ ※ BGMが流れます♪
※上記の情報内容は変更される場合がございます。最新情報は各施設等にご確認ください。
 
▲ PageTop
<< 観光案内の一覧ページへ戻る