日光の大自然に触れてみよう!−目的別!観光ガイド

戦場ヶ原コースガイド

竜頭の滝写真

竜頭の滝

森と川と湿原と… (所要時間2時間30分)

火山の噴火が川をせきとめ湖をつくり、やがて土砂が堆積して尾瀬のような湿原になった。さらに長い年月をかけて乾燥が進み、今では草原と化してきている。しかし、青木橋周辺では、まだ湿原も残っており貴重で珍しい湿原植物や生き物たちに出会える。
植物では、湿地を好むズミやワタスゲ、ホザキシモツケ、乾燥地に育つハクサンフウロやイブキトラノオ、森林を形成するミズナラやシラカバなど。特に初夏から真夏にかけて花たちは可憐に咲きほこり、美しい日光の四季を堪能できる。
また、湯滝から泉門池までは森が続き、野鳥も多くバードウオッチングが盛んなエリアでもある。
湯滝から竜頭の滝まで、戦場ヶ原を湯川に沿って縦断している自然研究路。
双眼鏡片手に歩いてみるのももうひとつの日光を探す旅になるのでは…。
<< 観光案内の一覧ページへ戻る