文学とアートの散歩道−目的別!観光ガイド

ココははずせない! 日光東照宮美術館

日光東照宮美術館写真
美術館の建物は、以前は東照宮の社務所だったところで、昭和初期の美術的建造物としても有名だ。
平成7年、旧社務所と朝陽閣を美術館としてオープン。
旧社務所の杉戸、襖、壁などに、日本画界を代表する横山大観をはじめ、中村岳陵、荒井寛方、堅山南風らが描いた151点もの日本画は、国宝的逸品である。特に、横山大観の『朝陽之図(ちょうようのず)』や岳陵、寛方、南風の三画伯が70日間泊まり込みで完成させた、51点もの障壁画は見事である。大正12年、9月25日の台風で倒れた杉並木450本の内の良材を使って建てられた建物と数多くの名画をぜひご覧ください!
東照宮輪王寺とあわせて訪ねてみては…。

さらに足を伸ばせば滝尾神社へ(行者のみち弘法のみちをクリックしてね)。
ちょっと疲れたら、帰り際に明治の館でティータイム。日光の四季を満喫して!
 
日光東照宮美術館写真 定休日/年中無休
開館時間/9:00 〜 17:00 (但し、11月1日〜3月31日は16:00まで)
※ 入館は閉館時間の30分前まで
入館料: 大人 800円、高校生 600円、小・中学生400円
電話/0288-54-0560
Web/日光東照宮美術館
※上記の情報内容は変更される場合がございます。最新情報は各施設等にご確認ください。
 
▲ PageTop
<< 観光案内の一覧ページへ戻る