日光のイベント - 周辺イベントをチェックして、その時期ならではの楽しい祭事を満喫しよう!

 

日光東照宮 五重塔初重内部特別公開  2012.5.22 〜 2013.3.31

日光東照宮五重塔は、塔の中心に心柱(しんばしら)が据えられ、その優れた耐震構造は高く評価されています。今春グランドオープンの東京スカイツリーもこの耐震システムを応用して設計されたものと言われています。また、五重塔の建つ場所の標高は、奇しくも東京スカイツリーとほぼ同じ高さです。
今回、日光東照宮により、東照宮400年祭(2015年)のプレ企画として、特別公開が行われることになりました。五重塔の初重(一層目)の内部の金に彩られた心柱等がご覧になれます。また、初重外回りの十二支の彫刻がご覧になれます。

日光東照宮五重塔
1650年(慶安3年)に若狭(福井県)の小浜(おばま)藩主・酒井忠勝が寄進したもの。当初の建物は1815年に焼失し、1818年に忠勝の子孫・忠進によって再建されました。塔の高さは、約36メートル。内部は吹き抜けになっていて、中心を貫く直径60センチの心柱が4層(4階)から鎖でつり下げられ、その下層部は礎石の穴の中で10センチほど浮いています。これは、耐震・耐風対策であり、また、木材の伸縮などで生じるひずみに対応する構造です。初層から4層までは、屋根の垂木が平行の和様、5層は扇の骨のように放射状の唐様になっています。初層を飾る十二支の彫刻は、子(=北)、卯(=東)など、それぞれ方角を表しています。

日光You遊ガイドのメルマガ「日光 撮れたて!特急便」の記事もご参照ください!

期 間: 平成24年5月22日(火)〜 平成25年3月31日(日)
場 所: 日光東照宮
料 金: 大人(中学生以上) 300円、小学生 200円  ※浄財は「平成の大修理」事業に充てられます。
受 付: 日光東照宮 五重塔前の受付所
交 通: 電 車  JR・東武日光駅より東武バスで「西参道」下車徒歩10分

問い合わせ先:   日光東照宮社務所 TEL. 0288-54-0560  http://www.toshogu.jp/
 
 

日光二荒山神社中宮祠「武射祭」 2013.1.4

日光男体山の神が群馬県赤城山の神と争い、弓の名人の子孫の助けで勝利したと伝わる神戦伝説に由来する、室町時代から続く行事です。宮司が中禅寺湖畔から群馬県の赤城山に向かって弓で鏑矢、雁股矢を射ると同時に、参列者も勝ちどきが上がる、勇壮な神事です。

日 時: 1月4日(金) 午前10:00から
場 所: 日光二荒山神社中宮祠(中禅寺湖畔)上神橋
交 通:
電 車  JR・東武日光駅より 東武バス 湯元温泉行き 約50分 二荒山神社前下車
車  日光宇都宮有料道路 清滝IC よりいろは坂を上り 約30分

詳細・問い合わせ先: 日光二荒山神社中宮祠 TEL. 0288-55-0017
URL: http://www.futarasan.jp/
 
 

日光キャンドルページェント 2013.2.8 − 2.12

化け地蔵や公園に約3,500個のキャンドルライトがともされ、幻想的な雰囲気を演出します。

期 間: 平成25年2月8日(金) 〜 2月12日(火)
時 間: 17:00 〜 21:00(最終日は20:30まで)
場 所: 憾満ガ淵化地蔵、含満街区公園
交 通: (憾満ガ淵)JR・東武日光駅より東武バスで「総合会館前」下車徒歩15分

演 出: 毎日18時より花火あり。アーティスト・和代人平氏の「光り絵」公演もあります(含満公園ステージ)。

問い合わせ先: 日光温泉旅館協同組合 TEL. 0288-54-3126